中津市で墓じまいを考えている方必見!口コミで評判が良いおすすめの納骨堂をランキング形式でご紹介!

みどりが丘霊園の口コミや評判

公開日:2021/09/15

【詳細】
霊園名:みどりが丘霊園
住所:〒871-0162 大分県中津市永添1787-1
TEL:0979-85-0023
営業時間:9:00〜18:00
年中無休

みどりが丘霊園は、住宅街の中にある高台の閑静な公園墓地です。近代的な設計の霊園内は、お年寄りや体の不自由な方でも歩きやすいように配慮がされており、老若男女どなたでもお参りしやすい造りとなっています。そして園内では普通墓地と樹木葬に分かれており、細かく区画分けがされているため、自身の予算にあった墓地の購入が可能です。

あたたかな日の光に包まれる樹木葬

みどりが丘霊園の樹木葬の墓標は樹木ではなく墓石となっています。しかし、従来の墓石とは異なり緑の芝生の中に横30cm縦60cmの墓石を埋め込み、その上に故人の名前を彫った墓石を置くスタイルです。そのため墓石による圧迫感がなく、日の光と風を存分に感じられる、西洋的な自然あふれる心地よい空間となっています。

また、一区画の購入費用も1柱20万円、2柱25万円(当面の間、消費税込み)と大変リーズナブルな価格となっており、購入後は一切の費用も発生しません。みどりが丘霊園の樹木葬は、骨壷のまま土中に埋葬し、建立日から33年経過したら取り出し合祀します。そのため、もし後継者や縁故者など、供養する人がいなくなってしまっても無縁墓になる心配がありません。

自分のお墓のことで子供や孫を煩わせたくない方のために、契約・全額納付後になりますが事前予約をすることも可能です。また一人暮らしの方は、あらかじめ契約・全額納付を済ませ土地を確保しておき、権利書を近親者に預けることもできます。

もし遠方の方で直接お願いするのが難しい場合には契約・全額納付後にお骨壺を送れば、埋葬もしてくれます。その後、埋葬時の写真、完成写真・僧侶のお参りの写真を送ってもらえますので、遠方にいながら故人の埋葬を確認することができます。

樹木葬のメリットとは

近年、供養に対する考え方の多様化により「樹木葬」という選択肢を考える方も増えてきました。しかし、日本では樹木葬のなじみは薄いです。ここからは、樹木葬のメリットについて5つ解説します。

墓石が不要

今までのお墓は先祖代々のお墓を受け継ぐか、個人で購入するかのどちらかが主流でした。最新の調査では墓石の平均購入額は121万円です。しかし、樹木葬の墓標は墓石ではなく、シンボルツリーと言われる樹木や、花木や草花を墓標にします。そのため、墓石を購入する必要はありません。

無縁仏になる心配がない

樹木葬のほとんどは後継ぎを必要としない永代供養です。また、霊園の方針にもよりますが埋葬されてから一定の期間が経つと合祀され、供養を続けてもらえるため後継者や縁故者がいなくなっても無縁仏にならずに済みます。

年間管理費がかからない

お墓を購入すると「管理費」というものが発生します。管理費とは、霊園や寺院が墓地を常に清潔に保つための清掃費用やお墓を洗うための水道代、緑地や休憩所などをメンテナンスしていくための費用です。

この年間管理費は平均して毎年5,000円~1万5,000円ほどかかります。樹木葬の場合はこの年間管理費がかからない場合がほとんどです。

宗教を問わずに入ることができる

樹木葬の場合、宗教や宗派に関係なく受け入れてもらえることが多いです。一般的なお墓の場合お墓を建てるお寺の宗旨・宗派に合わせて供養をする必要があり、お寺の檀家になるケースが多いですが、樹木葬では一代限りの檀家という形式や、宗教・宗派を不問にして檀家にならなくていい形式をとっています。

ただし中には入檀義務のある樹木葬もあるため、事前に確認しておくことが大切です。

緑豊かで景観がよいところが多い

樹木葬の基本的な考え方は「自然に還る」というものなので、霊園自体が緑豊かで明るい雰囲気の場所が多いです。そのため、お参りのたびに四季を通じて故人を偲ぶことができます。

樹木葬のお墓参りの方法

最近認知度を上げている樹木葬ですが、新しいがゆえにお参りの仕方や作法について不安を持つ方も多いのではないでしょうか?まず樹木葬には里山型と公園都市型の2つのタイプがあります。お参りの作法としては、里山型・公園都市型の樹木葬ともに墓標である樹木の前で手を合わせて故人の冥福を祈ります。

樹木葬は宗教や宗派を問わないところが多いので、複雑なお参りの作法はありません。しかし礼儀として、里山型・公園都市型の樹木葬関係なく、周囲の迷惑にならないように静かにお参りをし、ゴミは持ち帰るなど、一般的なお墓参りと同様の気遣いが必要です。このタイプごとにお参りの注意点が変わってくるので1つずつ紹介します。

里山型

里山型の樹木葬は、中心市街地から離れた場所にある広大な里山の中にあるため、お参りの時期に制限のあるケースが多いです。そのため、墓地の管理者に対し、お参りの時期の確認を入れなければならないことがあります。

また、山火事の危険性があることから火を使うお線香やローソクの使用は禁止している所がほとんどです。また里山の環境保護の観点からお花は花瓶に活けずに土の上に置く形になります。服装は動きやすく多少汚れてもかまわない格好が安心です。足場が悪い可能性があるので、靴は滑りにくく歩きやすいものを履くようにしましょう。

お参りの時間帯、山道は季節や天候によって急に暗くなることがあるので、午前中か午後の早い時間に済ませるようにすることをおすすめします。

公園都市型

公園都市型の樹木葬では、都市部の中にある特定の敷地内、霊園や墓地の樹木が植えられた区画内にあるため、交通のアクセスも良くお参りしやすいため、服装や時間帯など里山タイプほど気を使う必要はありません。

また、火を使うお線香やローソクをお供えできるところが多いです。ただし、墓地や霊園によって運営方針に違いがあり、お供え物を置けない施設もあるので事前の確認が必要です。

 

環境意識への高まりや、費用の問題、次世代への負担への心配から樹木葬を考える方も増えてきました。今は多様化を容認する傾向にあり、終活の選択肢も例外ではありません。今までとは違う形で眠りにつきたいと考えることは今の時代は当たり前のことです。選択肢をいくつも持つことは決して欲張りなわけではなく、それだけ真剣に考えている証拠といえるでしょう。

中津市でおすすめの納骨堂3選・ランキング

イメージ1
2
3
会社名株式会社大友石材工業真宗大谷派 円林寺真宗大谷派 善了寺
特徴「より良い石をより安く」アクセス抜群の納骨堂も展開 「より良い石をより安く」アクセス抜群の納骨堂も展開1人用納骨壇やペットと入れる納骨壇など種類豊富
詳細もっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索