中津市で墓じまいを考えている方必見!口コミで評判が良いおすすめの納骨堂をランキング形式でご紹介!

勘違いしている人が多い!「納骨堂」と「永代供養」の違いとは

公開日:2021/04/01

終活を始めた方の中には、「納骨堂」や「永代供養」などという言葉を耳にすることが多くなり、この2つはどこが違うのかと戸惑っている方もいらっしゃるでしょう。そこで本記事では「納骨堂」と「永代供養」はどこが違うのか、また2つの基本情報をお伝えしていきます。

納骨堂とは何か

納骨堂とはお墓の種類のことで、遺骨を安置する納骨スペースです。墓石と違う点は、遺骨を土に還さずに骨壺で安置する点です。

納骨堂にはさまざまな形式があり、もっともポピュラーなロッカー型のものをはじめ、仏壇型・位牌型・自動搬送型があります。納骨堂は近年、墓地の確保が困難な都心部で増加の傾向にあり、「お墓の後継ぎがいない」「子どもに負担をかけたくない」などの理由で納骨堂を選ぶ方が増えてきています。納骨堂は、従来のお墓と同じように使用料を支払って代々継承する形と、運営元にお金を支払い、管理や供養をしてもらう永代供養の形があります。(永代供養につきましては、後ほどご説明します)

また、納骨堂には安置期間が設けられており、一定期間が経つとその後は合祀墓に遺骨を移し供養されます。合祀墓とは合わせて祀ることを意味していて、骨壷から出して他の方のお骨と一緒に埋葬されるお墓のことです。この安置期間は各納骨堂によって異なりますので、事前にしっかりと確認しておいた方がよいでしょう。また、納骨堂の管理や運営元は次の3つの主体にわかれますので、1つずつみていきたいと思います。

寺院

運営元は寺院などの宗教法人で、寺院の敷地内に納骨堂が設けられていることがほとんどです。寺院の納骨堂を利用するには檀家(だんか)になる必要がある場合と、ならなくてよい場合があります。大半のお寺は檀家になる必要はないですが、条件がある場合もありますので、直接確認した方が間違いないでしょう。

公営

運営元は都道府県や市区町村、各自治体です。運営元が安定しているうえに、費用が安いことから最も人気が高い納骨堂です。また、宗教の縛りがないことも人気の理由の1つでしょう。公営の納骨堂は、人気が高い上に民間や寺院の納骨堂と比べると数が少ないことから、複数の申し込みがあった場合、利用者は抽選で決められます。非常に倍率が高く、人気のある区画では、募集倍率が80倍に及ぶときもあるようです。

気になる募集についてですが、公営の納骨堂はどこも満杯に近いので、毎年実施されるとは限りません。また、申し込みや抽選の時期は各都道府県や市区町村、各自治体よって異なりますので、希望がある方は直接問い合わせをしてみましょう。人気が高いので、居住年数や申し込み者が祭祀の主宰者であることなど、申し込みの条件を厳しく設けている納骨堂もあります

民営

運営元は宗教団体や財団、社団法人などです。販売は運営元から委託を受けた民間企業が行っています。民営の納骨堂のメリットは、申し込み時の制限がほとんどないことです。宗教や宗派も問いませんし、公営のようにさまざまな条件が設けられることもありません。申し込みはいつでも可能で、選択肢も多いので、希望の条件に合わせることもできます。

永代供養とは何か

永代供養とはお墓の管理システムのことで、「お墓を継いでくれる方がいない」「さまざまな理由があり、お墓参りに行けない」などの親族に変わって、霊園や寺院が遺骨の供養を永代に渡って行ってくれることです。

永代供養が付いているお墓は、子どもや孫が管理をする必要はありません。よって、これまではお墓参りをしてくれる方がいない方や、後継ぎがいない方が利用することが多い傾向にありました。ですが最近では、「子どもにお墓にまつわる負担をかけたくない」「お墓にお金をかけたくない」などの理由で、永代供養を選ぶ方が増加の傾向にあります。

ただ、永代供養の永代とは永久にという意味ではなく、多くの場合は一定の個別安置の期間が設けられているという点に注意してください。多くの霊園や寺院は33回忌または、50回忌までを個別安置の期限と定めているところが多いようです。しかし、個別安置の期限は各寺院や各霊園によって異なり、相談で決めるところなどもあるようですので、この点は事前に確認するようにしましょう。

個別安置期間が過ぎた後は、遺骨は合祀のお墓に移動されて供養されます。もしもお墓に永代供養が付いてなく、後継ぎがいなくなってしまった場合、お墓は荒れてしまいますよね。継承者がいないけど、お墓を用意したい方の場合は、永代供養が付いているお墓がおすすめとなるでしょう。

納骨堂と永代供養は比べる対象ではない!

ここまでで、納骨堂と永代供養の違いがおわかりいただけたと思います。納骨堂はお墓の種類で、永代供養はお墓の管理システムのことですので、2つは比べる対象ではないですね。納骨堂で永代供養を行うことを希望される方もいらっしゃることから、納骨堂と永代供養の違いに戸惑ってしまう方が多いのでしょう。

 

納骨堂と永代供養の違いについてお伝えしてきました。どちらも終活を始めた方でしたら、きっとよく耳にする言葉でしょう。正しく理解して、ご自分に合った悔いのない弔い方を見つけてくださいね。

中津市でおすすめの納骨堂3選・ランキング

イメージ1
2
3
会社名株式会社大友石材工業真宗大谷派 円林寺真宗大谷派 善了寺
特徴「より良い石をより安く」アクセス抜群の納骨堂も展開 「より良い石をより安く」アクセス抜群の納骨堂も展開1人用納骨壇やペットと入れる納骨壇など種類豊富
詳細もっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索