中津市で墓じまいを考えている方必見!口コミで評判が良いおすすめの納骨堂をランキング形式でご紹介!

納骨堂ランキング!

中津市でおすすめの納骨堂ランキングTOP3をご紹介!

お墓の管理が難しくなり墓じまいで納骨堂の利用を考えているけれど、

・価格や管理費はどのくらいかかるのだろうか…
・どんな種類があるのだろうか…
・どういった場所を選べばいいのだろうか…

など、初めてのことで不安なことやわからないことが多く、悩んでしまう方も多いと思います。

このサイトでは、「納骨堂を含めた墓じまいの方法」「納骨堂の種類や金額」「納骨堂を選ぶ際に確認したいポイント」などをわかりやすく説明していきます。

他にも、「管理はどのようにされるのか」ということや「納骨堂を利用することで生まれるメリットやデメリット」についても細かくご紹介していきます。きっとあなたが抱えている不安や疑問も解決できるでしょう!

また、WEBアンケートに基づきおすすめの納骨堂についてランキング形式でご紹介します。気になる施設や詳しく知りたい施設があれば、公式サイトのチェックや問い合わせなどをしてみるのもおすすめです。

このサイトをチェックして墓じまいを進め、将来的な不安も解消しましょう!

納骨堂ランキング一覧!

株式会社大友石材工業の画像1
おすすめポイント:「より良い石をより安く」アクセス抜群の納骨堂も展開

株式会社大友石材工業は、九州を中心に幅広く霊園開発、事業展開を行っている会社です。中でも墓じまいやお墓の後継者不足で悩んでいる人にぴったりなのが「宮代霊園 ふれあいの碑」という納骨堂のある霊園です。

JR日豊本線中津駅から車で10分の好立地にあり、納骨堂でありながら地下に埋葬ができるという特徴のある新しいタイプの納骨堂です。永代管理の為管理費が不要で将来への負担を減らすこともできます。

株式会社大友石材工業の強み

Point①. アクセス抜群の閑静な霊園!納骨堂でありながら地下に埋葬ができ墓じまいをお考えの方におすすめ!

株式会社大友石材工業 の基本情報

納骨タイプ 納骨堂、樹木葬
住所 本社住所:大分県中津市三光臼木1764
TEL:0979-43-2646
アクセス JR日豊本線中津駅から車で10分
東九州自動車道 上毛スマートインターから車で10分
真宗大谷派 円林寺の画像1
おすすめポイント:「より良い石をより安く」アクセス抜群の納骨堂も展開

真宗大谷派 円林寺は、東本願寺を本山とする浄土真宗の寺院で中津駅南口から徒歩では1時間程度かかる場所に位置しています。「葬儀」「法要」「納骨」などの仏事はもちろん、現在20基の納骨堂も設置されています。

納骨壇は1種類のみとなっており、上段は仏壇、下段が納骨スペースになっているためいつでもお参りが出来る状態となっています。

真宗大谷派 円林寺の強み

Point①. 大きめの納骨堂なので、先代から一緒に入りたいという人におすすめ!

真宗大谷派 円林寺 の基本情報

納骨タイプ 納骨堂
住所 住所:大分県中津市永添2564
TEL:0979-26-1234
アクセス 永添住宅入口バス停より徒歩で4分
真宗大谷派 善了寺の画像1
おすすめポイント:1人用納骨壇やペットと入れる納骨壇など種類豊富

真宗大谷派 善了寺は、中津市郊外の農村部に位置する寺院です。葬儀や法事、月参りの他に様々な納骨堂を設置しています。基本の納骨堂は大型と中型があり、耐火仕様のアルミ合金製となっています。

その他家族の一員であるペットと一緒に入れる納骨堂や1人用の納骨堂、また複数の遺骨を一緒に供養する合祀壇なども用意されています。

真宗大谷派 善了寺の強み

Point①. ペットと一緒に入れる納骨壇も!耐火仕様のアルミ合金製納骨堂でいつまでも安心

真宗大谷派 善了寺 の基本情報

納骨タイプ 納骨堂
住所 住所:大分県中津市全徳378
TEL:0979-22-6388
アクセス JR中津駅より車で10分

なぜ墓じまいやお墓についての悩みを持っているのか、どういった形で解決していきたいのかなどを整理した上で墓じまいに最適な納骨堂選びを行っていきましょう。

【はじめに】そもそも納骨堂って?墓じまいの種類を解説


【はじめに】そもそも納骨堂って?墓じまいの種類を解説
それではまず、納骨堂という言葉を聞いたことがない人のために納骨堂がどういうものかをご紹介します。納骨堂に加えて墓じまいの種類についても見ていきましょう。

納骨堂

納骨堂というのは、遺骨を納め保管してくれる建物や施設のことを言い、屋内タイプと屋外タイプの2種類があります。一般的には寺院や霊園の敷地内に建てられることが多いですが、自治体や業者によって納骨堂を建てて管理している場合もあります。

納骨堂は永代供養を行う場所と永代管理を行う場所があります。永代供養というのは、お参りできない方に代わってお寺や霊園などが管理・供養を行うこといいます。永代管理というのは管理料込みで払い、その後一切管理費を必要としない供養の方法なので、お金のことで悩む心配もありません。

納骨堂は遺族が定期的に手入れしなければいけない墓地とは違い、常にキレイに管理されているという安心感があります。管理費についても墓地に比べて安価とであり、また、将来的にも子孫に負担がかかることもないので、墓地をやめて納骨堂を選択する人も増えているようです。

永代供養

永代供養というのは、お墓を継ぐ人がいなくなってしまった場合や、遠方に住んでいるなどの理由からお墓参りができない人に代わって、寺院や霊園で供養をしてくれるという埋葬方法の1つです。納骨堂に納められた遺骨も永代供養されているものもあります。

永代というと未来永劫供養をしてくれるように感じるかもしれませんが、一般的には安置感が設定されており33回忌までを期限としているところが多いようです。もちろん決まりがあるわけではないので、寺院や霊園によっては33回忌よりも短かかったり長かったり、また相談して決めることもあるので永代供養する場合は事前に確認しておくことが大切です。

また、永代供養にはタイプが有り、納骨堂の他にも等の近に遺骨を納める納骨塔型や、遺骨をまとめて埋葬する合祀型となっています。

樹木葬

樹木葬というのは、墓石ではなく木を植えて樹木をお墓の目印とする方法で、遺骨は樹木の根本に納骨します。樹木だけではなく、花の咲く木、草花など自分が好きな植物や故人が好きだった植物を植えることが出来るので、自然が好きな人に好まれています。

もちろん樹木葬は正式なお墓であり、お墓として許可を得ている土地に納骨しなければいけません。また樹木葬のほとんどは、お墓を継ぐ必要がない一代限りのお墓であり、遺骨は一定期間個別に安置されて供養されますが、その後他の人の遺骨と一緒に埋葬する場合が多いです。

そのため、永代供養の1つでもあり今後お墓を継ぐ人がいない、子どもや子孫にお墓の管理を負担させたくないという人が選ぶようです。

散骨

散骨というのは、遺骨を粉末のように砕きやまや海などに撒いて供養する方法です。一般的な墓地や納骨堂などでの供養する方法とは違い、遺骨を残さないため管理するための費用も継いでいく人も必要ありません。

また、散骨についての法整備がなされていないことから、観光地や海水浴場などでの散骨によってトラブルが起きていることも少なくないようです。個人で行うことも不可能ではありませんが、粉骨を含め業者に依頼した方が確実だと言えるでしょう。

また、散骨は山よりも海で行うことが圧倒的に多く、全て業者に委託する委託散骨、複数の遺族が一緒に船に乗り行う合同散骨、1つの遺族のみで船を貸し切って行う個別散骨があります。山は基本的に所有者がいるため散骨が難しいというのが現実です。

おすすめは「納骨堂」!

トラブルなく、永代供養なども行ってもらえ、参拝にも行きやすいなどの点からおすすめしたいのは納骨堂です。お墓に比べて維持費もかかりませんし、墓地を作れない都市部でも納められる可能性が高いです。これからお墓の管理について考えるのなら、納骨堂を検討してみてはいかがでしょうか。


・納骨堂は墓地がなくても遺骨を管理できる施設
・永代供養と永代管理があり、永代管理はその後の管理費が不要
・墓じまいのおすすめは納骨堂

納骨堂はこんな人におすすめ!


納骨堂はこんな人におすすめ!
墓地の代わりに利用する納骨堂ですが、どんな人におすすめなのでしょうか。納骨堂をおすすめしたい人やシチュエーションについてご紹介します。

お墓の後継者や墓守がいない

子供のいない夫婦や家族のいない方などは、お墓を建てても後継者や墓守がおらず将来的に管理できなくなってしまいます。すると無縁仏になってしまい、最終的には合祀墓で供養されることにります。そういった将来的な不安がある場合に、初めからお墓を建てずに納骨堂を選んでおけば様々な悩みは生まれません。

墓じまいを考えている

墓地は代々継いでいくことを前提として建てられているものですが、近年では少子化などの影響もありお墓の後継者や墓守がいないという問題を抱える家族も増えています。また、子どもがいても遠方に住んでいて管理が難しいということも多く墓じまいを考える人が増えているようです。墓じまい後の遺骨の行き先としてしっかりと管理を行ってくれる納骨堂を選ぶのがおすすめなのです。

利便性が良い場所でお墓参りしたい

お墓の管理が難しいという遺族の中には、墓地が遠方にあり頻繁にお参りができないという場合もあります。そう言った場合にお墓をやめて、利便性がよく行きやすい納骨堂に移すというのもおすすめです。アクセスが良ければお参りに行こうという気持ちにもなりやすいですし、気軽に訪れることができるようになります。だからせっかく納骨堂にするのであれば、アクセスの良さを考慮して選ぶと良いでしょう。


・後継者不足や墓じまいの際に納骨堂がおすすめ
・アクセスの良い納骨堂を選べばお参りしやすい
・将来的なことも考え、便利な場所を探そう

納骨堂の種類をチェック


納骨堂の種類をチェック
実は納骨堂には様々な種類があります。ここでは、その納骨堂の種類について細かくご紹介していきます。

ロッカー式

ロッカー式の納骨堂は昔ながらのタイプであり、その名の通りロッカーのように並んだ棚に遺骨を納めるものです。ロッカー式の中でも2種類に分かれており、扉を開けて中の遺骨にお参りするものと、遺骨を出して専用の参拝スペースでお参りをするものがあります。

納骨堂の中では1番コンパクトで費用が安い分、シンプルな作りになっており2~4人分程度の遺骨しか納骨できないものがほとんどです。また、見た目が荷物をしまうロッカーに似ているので、見た目の点で気にしてしまう人もいるようです。

仏壇式

仏壇式の納骨堂は上下二段に分かれているタイプで、二段がセットで1つの納骨堂となっています。上段に仏壇、下段に遺骨を収納するようになっており、ロッカー式に比べて大きいのでさらに多くの遺骨を収めることができます。

仏壇部分に関しては場所によって遺影やお花を置ける場合もあり、自宅の仏壇に近いかたちで供養ができるという特徴があります。ロッカー式に比べると費用は高くなっています。

位牌式

位牌式の納骨堂は、ロッカー式や仏壇式のものに比べるとあまり多くありません。位牌を安置するスペースと遺骨を安置するスペースが分かれており、ロッカー式よりも安い費用で利用できる場合が多いようです。

自動搬送式(マンション型)

最近注目を集めているのが、自動搬送式もしくはマンション式と呼ばれる納骨堂です。建物自体が大きなマンションのようになっており、全てがコンピューターで管理されています。遺骨は厨子という入れ物に収蔵されており、受付機に専用のカードをかざすと遺骨が参拝ブースに運ばれてくるシステムで、膨大な数の遺骨をこの建物内で管理することができます。

場所によって個性もあり、24時間お参りができるようになっていたり遺影がスクリーンに投影されるようになっていたり、また中には音楽が流れるものなどもあります。


・納骨堂には様々な種類がある
・収蔵できる遺骨の数や規模などで価格は変わる
・最近では機会式の納骨堂が注目されている

利用者が増えている!納骨堂のメリット・デメリット


利用者が増えている!納骨堂のメリット・デメリット
それでは、納骨堂を利用する場合にどのようなメリットがあり、またどのようなデメリットが発生する可能性があるのでしょうか。

メリット

まず、メリットの1つ目として挙げられるのが「後継者が必要ない」という点です。納骨堂は基本的に永代供養や永代管理となっており、墓地や霊園などによって管理や供養を行ってくれます。そのため、将来的に受け継いでいく必要がなく、後継者がいない家庭や子孫の負担をできるだけ減らしたいという方にとって大きなメリットとなります。

続いて、「費用を抑えることができる」というメリットもあります。お墓を建てる場合、大きさや種類によって様々ではありますが、200万~400万円程度という高額な費用がかかってしまうことがほとんです。それに比べて納骨堂は30万~130万円程度とかなり低くなり、費用を抑えることができるのです。

お墓の場合はその他お寺であれば檀家として払い続ける費用、また定期的なメンテナンスの費用などもかかるので、全体的に考えても納骨堂が安いと言えるでしょう。

そして、「管理に手間がかからない」というのも大きなメリットでしょう。上記でも触れたように、納骨堂はその施設によって管理や供養を行ってくれます。屋外の納骨堂であっても草むしりや掃除などを含めて任せることができるので、遺族が定期的に訪れてメンテナンスする必要はありません。

最後に「宗教や宗派が不問であることがほとんど」というメリットもあります。とくに寺院墓地等の場合はお墓を建てるにあたって、そのお寺の宗派と同じ宗派を信仰している必要があることも多く、他宗派の人が利用できることはほとんどありません。その点納骨堂は多くの場合宗教や宗派が問われることがないので、どんな人でも利用できるのです。

デメリット

もちろん納骨堂を利用するのにはメリットだけではなくデメリットも発生する可能性があります。まず挙げられるデメリットとしては「親族の理解を得られないことがある」ということがあります。

やはり代々お墓を継いできた人にとって、お墓を手放す、継ぐのを辞めてしまうということに抵抗を感じる場合もあります。また、納骨堂は新しいタイプの供養とも言えるので、まだまだ理解を得られるまでに時間がかかる場合も考えられるのです。だからこそ、納骨堂を考えている場合はできるだけ早めに親族と話し合い、理解を得られるように話し合いを行っておきましょう。

そして「お墓参りの実感がわきにくい」というデメリットもあります。どうしても故人が眠っているのは墓地というイメージは大きく、納骨堂はその形を大きく変えてしまうものが多いためお参りしているという実感が湧かないと感じる人もいるようです。しかし、中には屋外で墓地に近い形で納骨できる納骨堂もあり、そういった場所を選ぶと実感が湧きやすいでしょう。


・納骨堂は後継者や管理者が不要というメリットがある
・お墓に比べて費用を抑えられるというメリットも
・屋外の納骨堂を選べばお墓参りの実感が湧きやすい

納骨堂を選ぶ際に最も気になるポイントは?


納骨堂を選ぶ人には様々な背景がありますが、やはり通いやすさや費用を気にして選ぶ人が多いようです。どうしても墓地や霊園は遠方でアクセスの悪い場所にあることが多いので、それをクリアするためにアクセスが良く通いやすいことを重視する人が多いのでしょう。アクセスが良いことでそれまでより頻繁に気軽にお参りするようになれそうです。

また、やはり墓地は管理費やメンテナンスに多くの費用がかかり、将来的に子孫に負担を掛けたくないという人も増えていることから、気にして選ぶ人も多いのでしょう。他にも宗派によって寺院墓地が利用できないという人も納骨堂を選ぶ場合がありますし、プランの内容を見て選んだ人もいるようです。この結果を見てもわかるように、納骨堂を選ぶ際は、通いやすさや費用を気にして見てみると良いでしょう。


・納骨堂選びで重視されているのはアクセスと費用
・お参りのしやすさを考えれば通い安さは重要
・できるだけ費用を抑えて納骨したいという人は多い

納骨堂についてアンケートを取りました!


さてここまで納骨堂に関するさまざまな情報をお届けしましたが、実際に納骨堂を選ぶとしたらどのような点に注目すべきなのでしょうか。納骨堂を選ぶ際に最も気になるポイントをアンケートで調査してみました。

気になるポイントとして最も多く選ばれたのが「費用の安さ(38%)」です。理由として「あまり高いと維持ができないから」、「あまり費用をかけられる余裕がない」といった意見が多くみられました。

次に多かったのが「アクセスの良さ(32%)」です。

アクセスが悪い場所にあると、高齢者や体の不自由な方、小さなお子さまを連れての墓参りは大変なもの。あまり不便な場所だと墓参りに行くのがだんだん億劫になり、足を運ぶ機会が減ることにつながりかねません。

将来的なことを考えれば、駅チカなところや階段や坂が少ない場所、車でもアクセスしやすいよう駐車場が完備されているなど条件の良い納骨堂を選ぶのも良いでしょう。

3つ目に多く選ばれたのが「サポート体制(16%)」。長く利用するからこそ、アフターフォローが必要だと考えている方は多いようで、定期的に供養をしてくれるかなど、納骨後も故人を丁寧に扱ってくれる納骨堂が人気です。

そして「納骨堂全体の雰囲気(14%)」は「雰囲気が無ければ安くても意味がない」、「暗い感じ・貧相な感じだと申し訳ない」といった理由から選ばれています。

アンケートで「費用の安さ」と「アクセスの良さ」が特に多く選ばれたのは、長く利用し続ける場所だからこそ票を集めたといっても過言ではないでしょう。納骨堂を選ぶなら、費用とアクセスは重視すべきポイントと言えます。

納骨堂を選ぶときの4つのチェックポイント!


納骨堂を選ぶ際に最も気になるポイントは?
それでは最後に、実際に納骨堂を選ぶ際にチェックしたいポイントについてご紹介します。これから納骨堂を選ぶ人はぜひ参考にしてみてください。

アクセスのしやすさ

やはり、納骨堂を選ぶ上で欠かせない項目となってくるのがアクセスの良さでしょう。納骨後に法要などで親族が集まることなども考えると、駅から近かったり車で行きやすかったりということが大きなポイントとなるでしょう。

もちろんアクセスが良ければどんなときでも訪れやすいですし、忙しい人でもわざわざ長い時間を作ってお参りに行く必要もなくなります。アクセスが良いことはメリットでしかないのです。

納骨費用と年間維持費

お墓に比べて費用を抑えられる納骨堂ですが、やはり納骨するためにはある程度の管理費などがかかる場合がほとんどです。無理なく支払えるのはどのくらいなのか、年間を通じるといくら位かかるのかというのは入念にチェックしておきましょう。

中には永代管理といって一括で初めに支払うと、その後の管理費などは一切不要という納骨堂もあります。そういった納骨堂を選べば将来的にも楽ですし、お金のことを気にする必要がないのでおすすめです。

宗派や宗教関係なく利用できるか

納骨堂はほとんどの場所で宗派や宗教を関係なく利用できますが、寺院が管理する納骨堂などについてはその寺院の宗派でなければ利用できない場合もあります。とくに民営の納骨堂や霊園が管理している納骨堂などは基本的に宗派や宗教を不問にしていることが多いので、そういった納骨堂を選ぶことをおすすめします。

供養システムと設備

遺族にとって故人をどのように供養してくれるのか、きちんとした設備が整っているのかというのも気になる点です。納骨堂のほとんどで永代供養と謳っていますが、その多くが永久的に供養されるのではなく何回忌を過ぎたら個別の供養ではなく永代供養墓という他の人と同じお墓に移されてる場合が多いのです。将来的にどういった供養をしていきたいのかを考え、それに合った納骨堂を選ぶようにしましょう。

また、納骨堂によって参拝スペースなどの設備が異なる場合もあります。個別の参拝スペースを設けている場合や共同の場合があります。どういった形で参拝したいかなども含め、設備についても調べてから選ぶようにしましょう。


・アクセスの良さや費用をチェックしよう
・基本的に民営の納骨堂は宗教や宗派関係なく利用できる
・供養の方法や設備についてもしっかりと調べておこう

まとめ


納骨堂には様々なタイプがあり、また利用する上でのメリットやデメリットもあります。そういったことを踏まえて自分たちが求めている供養や参拝ができる納骨堂はどこなのかをしっかりと選びましょう。

納骨堂もお墓も同じように故人を納める大切な場所です。きちんと管理してくれる納骨堂であるかなども含めて見極めることが大切です。

 

おすすめ納骨堂の一覧表まとめ

イメージ1
2
3
会社名株式会社大友石材工業真宗大谷派 円林寺真宗大谷派 善了寺
特徴納骨堂でありながら地下に埋葬ができる広々とした納骨スペースペットと一緒に入れる納骨堂
アクセスJR日豊本線中津駅から車で10分永添住宅入口バス停から徒歩4分JR中津駅より車で10分
 価格納骨堂:55万円(税込)永代使用料・永代管理料含む納骨壇冥加金:60万円
永代管理料:30万円
大型納骨壇:60~65万円
中型納骨壇:40~45万円
年間管理費:5,000円
永代管理費:30万円 を一括で納めれば 年間管理費は不要
お問い合わせ電話電話、メールフォーム電話、FAX
詳細
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

記事一覧

【詳細】 寺名:浄安寺 住所:〒871-0075 大分県中津市寺町995 TEL:0979-22-2753 浄安寺は、1640年に建立された浄土宗の寺院です。現在の本堂は1811年に再建され ・・・[続きを読む]
【詳細】 霊園名:みどりが丘霊園 住所:〒871-0162 大分県中津市永添1787-1 TEL:0979-85-0023 営業時間:9:00〜18:00 年中無休 みどりが丘霊園は、住宅街 ・・・[続きを読む]
納骨堂は一般のお墓に比べて費用が安く、参拝しやすい立地などいくつもメリットがあります。とはいえまだまだ気になる点はいくつもありますよね。この記事では納骨堂利用に際して懸念しそうな遺骨の安置年 ・・・[続きを読む]
樹木葬は自然を愛する方に人気の新しい埋葬方法ですが、後悔しているという声がある埋葬方法でもあります。この記事では樹木葬で後悔してしまうケースや、メリットとデメリットについて紹介しているので参 ・・・[続きを読む]
立地に優れ、天候にも左右されずに足を運べる納骨堂ですが、お参りするときには通常のお墓とは少し違うマナーがあります。マナーを知らずにお参りすると、管理者や他の利用者にも迷惑をかけてしまいます。 ・・・[続きを読む]
納骨堂は比較的新しいお墓の形であることと、一生に何度も利用する施設ではないことからどのような手続きが必要なのかわかりづらいですよね。この記事では納骨堂を購入する際の大まかな流れと、その時に必 ・・・[続きを読む]
納骨堂には運営母体があり、運営母体の違いによりサービスや価格が異なることはご存じでしょうか?この記事では寺院納骨堂・公営納骨堂・民間納骨堂のそれぞれの違いや特徴についてまとめています。納骨堂 ・・・[続きを読む]
人口集中や墓地の確保といった理由で新しいお墓の形である「納骨堂」が増えてきました。しかし納骨堂にはさまざまなタイプがあり選ぶのにも一苦労です。また施設によってタイプが違うので、自分で選択する ・・・[続きを読む]
遺骨を収める場所にはお墓と納骨堂があります。人口の集中と墓地の確保のため、最近ではさまざまな形の遺骨を収めるサービスが始まりました。お墓や納骨堂以外にも樹木葬などがあり、お墓の形も多様化して ・・・[続きを読む]
納骨堂と一般的なお墓のお参りの仕方に違いがあるのか心配になる人もいると思います。納骨堂ならではのルールやマナーがありますので、あらかじめ把握しておくことで恥ずかしい思いをせずに落ち着いた気持 ・・・[続きを読む]
墓じまいや自身が亡くなってしまった場合を想定して納骨堂を検討する人もいますが、何を基準にして選べばよいかわからないという人も少なくありません。使用料金も比較するうえで大切な要素になりますが、 ・・・[続きを読む]
お墓といえば先祖代々供養を続けるイメージもありますが、個人や夫婦の遺骨を収めるお墓もあります。また寺や霊園の敷地の一角に墓を建てるのではなく、納骨堂に遺骨を収める世帯も増えてきました。お墓と ・・・[続きを読む]
「離檀料って高額な金額を請求されてトラブルになるなんて聞くけど、払う必要があるのかな」と疑問に感じる人がいると思います。将来の墓守に不安を感じて墓じまいを検討した際に、離檀料について悩んでし ・・・[続きを読む]
「終活」の広がりとともに、納骨堂を生前に購入する人が増えています。自分のお墓を購入することに抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、一方で子どもたちに迷惑をかけたくない、自分で好きなように場所 ・・・[続きを読む]
近年「後継ぎがいない」などの理由から墓石を建てずに納骨堂を選択する方が増えています。しかし納骨堂は運営元や種類によって費用に差があり、どれを選べばよいのか迷ってしまう方もいるでしょう。本記事 ・・・[続きを読む]
終活について考えるなかで、「今後、お墓をどうするか」避けては通れない重要なテーマです。お墓の跡継ぎがいない、お墓にあまりお金をかけたくない、など抱える状況は千差万別。それぞれに合ったお墓の形 ・・・[続きを読む]
終活を始めた方の中には、「納骨堂」や「永代供養」などという言葉を耳にすることが多くなり、この2つはどこが違うのかと戸惑っている方もいらっしゃるでしょう。そこで本記事では「納骨堂」と「永代供養 ・・・[続きを読む]
納骨堂は、故人の遺骨を納めるお堂です。最近では墓石を建てるための土地や費用面の問題から、お墓がわりに納骨堂を選ぶ方が増えてきています。納骨堂には仏壇型・自動搬送型・位牌型・ロッカー型の4つの ・・・[続きを読む]
無縁墓が社会問題になったことをきっかけに、墓じまいをする人も増加しました。自分が亡くなったあとのお墓が心配な方が、生前に身の回りを整理する「終活」の一つとしても検討されるようになったのです。 ・・・[続きを読む]
少子化や未婚率が増えた現代では、お墓の維持や管理に悩む人は少なくありません。納骨堂は跡継ぎのいない人やお墓に費用をかけたくない人に人気の供養ですが、デメリットもあります。どんな事例があるのか ・・・[続きを読む]